« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月

2010年8月21日 (土)

今日と明日は墨田ジャズストリート。

 
 
 
今日と明日、錦糸町駅付近にて行われる第1回すみだジャズストリートに椎名豊トリオで出演します。以下、詳細です。


 
 
21日(土)

15:00~15:40   椎名豊トリオ@鈴木興産すみだパークスタジオ

17:30~18:10   EIKO(vo) &椎名豊トリオ@ホテルレバント 1Fロビーラウンジ


22日(日)

13:00~13:40   椎名豊トリオ@ホテルレバント 1Fロビーラウンジ


 
 
なんと入場無料です!!
そして明日(22日)は僕の29回目の誕生日です!!三十路一歩前です!!


みなさんのご来場心よりお待ちしています。  
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 

 
 

| | コメント (8) | トラックバック (0)
|

2010年8月 1日 (日)

8月スケジュール

 

 

 1日(日)  関内 BarBarBar
          福本陽子(as) 元岡一英(p) 岡部朋幸(ds)

  

 2日(月)  新小金井 NASH
          太田雄ニ(gt) 横山和明(ds)

  

 3日(火)  国立音楽大学 夏期ジャズ講座  ※午前~16時頃

                  

        関内 上町63              ※夜です。
          海野俊輔(ds) 吉田智(gt)

  

 4日(水)  国立音楽大学 夏期ジャズ講座  ※午前~16時頃

                  

                  高田馬場 サニーサイド                 ※夜です。
          横山和明(ds) 石田衛(p)

  

 5日(木)  浅草 スマイル
          広瀬潤次(ds) 堀秀彰(p)

  

 6日(金)  六本木 オールオブミークラブ
          森郁(vo) 椎名豊(p) リオネル・ボカラ(ds)

  

 7日(土)  阿佐ヶ谷 マンハッタン
          土井徳浩(cl) 市野元彦(gt) 紺野智之(ds)

  

 8日(日)  吉祥寺 ストリングス
          椎名豊(p) リオネル・ボカラ(ds)

 

12日(木)  町田 ニカス
          佐藤恭子(as) 田窪寛之(p) 大村亘(ds)

 

13日(金)  小岩 コチ
          椎名豊(p) リオネル・ボカラ(ds)

 

14日(土)  関内 スタジオK
          福本陽子(as) Ashton Moore(vo) 秋元直子(vo) 富永真紀(p) 岡部朋幸(ds)

 

15日(日)  御茶ノ水 ナル
          大坂昌彦(ds)ジャムセッション

 

17日(火)  静岡・三島              ※TBA
          宇佐美真紀(vo)グループ

 

18日(水)  沼袋 オルガンジャズ倶楽部
          紺野智之(ds) 馬場孝喜(gt) 菊池太光(p)

 

19日(木)  千葉・柏 ナーディス
          ジャムセッション

 

20日(金)  埼玉・朝霞台 停車場
          松下美千代(p) 紺野智之(ds)

 

21日(土)  墨田ジャズストリート         ※昼~夕方です。TBA。
          椎名豊(p) 広瀬潤次(ds) 

 

        埼玉・大宮 ファイブ          ※夜です。
          森郁(vo) 椎名豊(p) 広瀬潤次(ds)

 

22日(日)  墨田ジャズストリート          ※昼~夕方です。TBA。
          椎名豊(p) 広瀬潤次(ds)

 

25日(水)  自由が丘 マルディグラ
          菅原喜彦(ts)グループ

 

26日(木)  東中野 セロニアス
          土井徳浩(cl) 佐藤浩一(p) 紺野智之(ds)
 

 

27日(金)  六本木 オールオブミークラブ
          チカ・シンガー(vo) 川嶋哲郎(ts) 椎名豊(p) 広瀬潤次(ds) 

 

29日(日)  千葉・千葉みなと クリッパー
          徳田雄一郎(as)グループ 

 

30日(月)  新宿 ピットイン          ※14時~17時頃
          土井徳浩(cl) 佐藤浩一(p) 紺野智之(ds)   

 

         六本木 クラブT         ※夜です。
          野波桃(p)グループ 

 

31日(火)  大塚 ドンファン
          土井徳浩(cl) 佐藤浩一(p) 紺野智之(ds)

 

 

 

先日、国分寺の某ジャズバーで飲んでいたら、店長(ダンモ時代の後輩。ジャズマニア。) が  

 

「これ聴いた事ありますか??」 

 

といって、CDをかけてくれました。 

それは紛れもなく、尊敬してやまない Nat King Cole の歌声で、思わず聴きいってしまいましたが、その若干の違いに気づくか気づかないかくらいのタイミングで、店長のムカつく一言。 

 

「これ、Nat King Cole じゃないんですよ。」(得意げに) 

 

若干イラっとしつつも、かなり驚きました。まあ確かにオリジナルとは違う感じ。でも真似て歌ってるにしても、歌がめちゃめちゃうまいし、ピアノも素晴らしい、ビックバンドのアレンジも、リズムセクションも超強力。前に聴きにいった弟の Freddy Cole とも違う。一体誰なんだ!!と思ったところで、店長のムカつく一言。 

 

「これ、Oscar Peterson なんですよ。」(超得意げに) 

 

かなりイラっとしつつも、驚きは隠せず。ジャケを確認すると、たしかにオスピー。メンバーも Hank Jones(弾き語ってない時のピアノ) , Ray Brown, Richard Davis, Mel Lewis・・・。ビックバンドのホーンセクションも超豪華面子でした。大体、Ray Brown と Richard Davis を使い回すなんで豪華すぎるでしょ!! 

 

店長のムカつく解説によると、当初は弾き語りをしていたピーターソンが、自分とスタイルも声質も近いナットの演奏を聴くにつけ、「歌では彼に敵わない」と、ピアノに専念した、というエピソードがあるらしい。このレコードはキングコールが亡くなった1965年にレコーディングされたそうです。

 

ライナーノーツの受け売りのくせに、超~得意げに話す店長にイラっとしつつも、そのエピソードにも驚きを隠せず。ジャズファンの間では割と有名な話だそうです。
加えて、キングコールへの尊敬の念を込めて超本気のメンバーで超本気にキングコールを真似て歌い演奏し、ここまでクオリティの高い1枚のレコードを作り上げていることに、めちゃめちゃ感動。 

 

 

100%愛のみで作られた最高の1枚です。気になった方はぜひ聴いてみて下さい。 

 

Oscar Peterson 「With Respect to Nat」

Dsc_0200_21





(ちなみに「店長」に本気でイラッとしたりムカついたりしてるわけではないです 笑。そのお店もとってもいいお店です。) 

 

 

 

8月も頑張ります。ライブの詳細など知りたい方はお気軽にメールしてください。よろしくお願いします!! 

 

   
 

           

| | コメント (6)
|

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »