« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

2010年5月28日 (金)

6月スケジュール




1日(火)  池袋  Indipendence
        山田貴子(p) 長谷川ガク(ds)


2日(水)  六本木  Boston Dreams
        野波桃(p)二本松義史(ds)


3日(木)  高田馬場  Intro
        ジャムセッション


4日(金)  北千住  ゆうらいく
        三木俊雄(ts)二本松義史(ds)


5日(土)  阿佐ヶ谷  Manhattan
        土井徳浩(cl)佐藤浩一(p)紺野智之(ds)


6日(日)  王子  TAGEN
        田村和大(p)海野俊輔(ds)


9日(水)  横浜・山下町  491House
        入山ひとみ(Vln)


10日(木)  町田  Nica's
        吉本章紘(ts)西口明宏(ts)大村亘(ds)


11日(金)  埼玉・朝霞台  停車場
        山田拓児(as) 二本松義史(ds)


12日(土)  沼袋  Organ Jazz倶楽部
        高澤綾(tp)角脇真(p)柴田亮(ds)


13日(日)  町田  Nica's
        松島啓之(tp)山田穣(as)三木成能(p)広瀬潤次(ds)


16日(水)  下北沢  Coloed Jam
        入山ひとみ(vln)熊谷泰昌(p)


17日(木)  町田  Nica's
        山田拓児(as)片倉真由子(p)二本松義史(ds)


20日(日)  埼玉・浦和  ビアレストラン アイル
        瑞季(vo)グループ


21日(月)  高田馬場  イントロ
        ジャムセッション


23日(水)  新小金井  NASH
        太田雄二(gt)横山和明(ds)


24日(木)  六本木  Alfie
        椎名豊(p)広瀬潤次(ds)


25日(金)  六本木  All Of Me Club
        チカ・シンガー(vo)川嶋哲郎(ts)椎名豊(p)広瀬潤次(ds)


26日(土)  山梨石和温泉  第3回ザ・いさわJazz  石和名湯館 糸柳
        RINKO(vo)井上祐一(p)


27日(日)  国分寺  ティーズ
        ジャムセッション      ※15時過ぎ~21時頃


29日(火)  埼玉・大宮  Sako's Bar
        中野阿貴(p)小前賢吾(ds)



30日(水)  神奈川・川崎  チッタデッラ
        太田雄二(gt)横山和明(ds)







先日、ついに…ついに…ついに邪道に走ってしまいました。


これだけはすまいと思っていたことに手を出してしまった時って、恐ろしいほどの後悔と、一線を超えてしまった高揚感が同時に襲ってくるんですね。





でも、今回だけは仕方がなかったんです。そうせずにはいられない理由があったんです。その理由とは




1.店頭で売ってない
2.Amazonでは 「入荷待ち」
3.アメリカのAmazonでは 「2Used from $45.00」
4.そのアーティストのホームページからリンクしているアメリカのCDBabyでも 「Back Ordered」



もうこうなったら「itunes Store」でmp3音源を買うしかないじゃん!そりゃ今までデータで買うなんて邪道とか思ってたけど、手に入らなかったらしょうがなくない?音質がどうのとか、ジャケットがどうのとか言っても聴きたいのが聴けなかったら意味ないじゃん!




というわけで邪道と思っていたのは



データで音楽を買うこと



でした。(ちなみに「邪道」というのは自分の中のルールであって、決してデータ購入を否定しているわけではありません。あくまでイチCDコレクターの個人的な趣味の話
です。)



長い葛藤の末、購入したデータCDの内容は最高でした!微塵たりとも後悔してません。



ただ、今後店頭でそのCDをみかけたり、Amazonで「在庫あり」になってたら、かな~りイラッときますけどね(笑)



新たな一歩を踏み出して、また1つ大人になりました。6月もよろしくお願いします。

| | コメント (6)
|

2010年5月11日 (火)

テレビ収録の話。

昨日は朝6時に起きて、神谷町のテレビ東京にて「ピラメキーノ」という番組の収録をしてきました。朝が早すぎて死にそうでしたが、会社にお勤めの方々はそれが普通なんですよね。マジ尊敬っす!!


「ピラメキーノ」という番組はどうやら子供向けの番組で、18時くらいから放送しているらしいです(みたことないので知らない)。その番組内の「テキトーに弾いちゃって」というコーナーの収録でした。


このコーナーは、


①音楽の苦手な子供が出てきて、MCであるフルーツポンチの亘(ワタリ)さんとトーク。

②「たとえ音楽が苦手でも大丈夫。どんなテキトーな演奏でもイイカンジにしてくれる楽団にかかればキミも一流ミュージシャンみたいになれるぜ!」という亘さんのフリで、子供がピアノを適当に演奏(本当に超適当)。

③僕らが演奏して、セッションしてる風な感じになる。

④演奏終了。

⑤「楽しかったかい?」と亘さん。「うん!」と子供。「音楽好きになったかい?」と亘さん。「うん!!」と子供。ハッピーエンド!!


という流れです。まあなんというか、とても平和な感じのコーナーです。



この収録。コーナー前半の亘さんと子供のトークの部分と、後半の演奏の部分の間で、いったん切ります。ので1本分の収録の流れは


①トーク部分リハ
②トーク部分本番
③演奏部分リハ
④演奏部分本番&コーナーエンディング


という4つのプロセスがあり、意外と面倒。①②の部分でも僕らはただ立っていなければならず、特に②の本番では、本格的なTVセットを前にしてキョロキョロ周りを見渡したい衝動を抑えながら視線に気をつけなければなりません。


しかもわずか2時間の間に4本分を撮る、という結構ハードな日程。また、いつものライブのように演奏するわけではなく、亘さんのキューで演奏したりストップしたり、ほんとに超テキトーなピアノが鳴っている状態で演奏したり、とにかくうまくいくかが心配でしょうがない。しかも全国放送。最近はどんな状況でも緊張することはなかったのに、今回はあまりにも非日常的な仕事過ぎて、めちゃめちゃ緊張しました。


それでも1本目のリハと本番をこなしたら何となく雰囲気をつかめて、すこし気が楽になりました。「こんな感じであと3本分撮ればいいんだな・・・」と一安心。しかし、この安心感がとてつもなく過酷な状況を招くことになるのでした・・・・。






1本目の本番が終わって一息ついたら、すぐに2本目のリハが始まります。そしてその2本目のリハの直前、ある不安が頭をよぎりました。




(あれ??いや、まさかそんなはずはないよな・・・大丈夫大丈夫)




しかし「大丈夫」と自分に言い聞かせれば聞かせるほど、不安が増大。




(いやいやいやいやいやいや、大丈夫大丈夫)




しかし「大丈夫」と自分に言い聞かせれば聞かせるほど下腹部に水分が溜まっている感じが増大。




(まさか俺、トイレ(もちろん小)に行きたいのか・・・?)




そう、トイレに行きたくなってしまったんです。朝早かったせいで、コーヒーをがぶ飲みしたからでしょう。しかし、収録はあと3本分リハ&本番が残っている状況。




(まあでも2本分録ったら、休憩入るでしょ。亘さんも疲れてるだろうし。)




と楽観的に考え、2本目に突入。不思議なもので、演奏している最中は集中しているからか全く気にならないんですが、演奏が終わると途端にトイレに行きたくなります。とくにトーク部分のリハと本番は何もせず立ってるだけなので余計つらい・・・。

そして2本目が終了。




(ふぅ、なんとか持ちこたえたぜ。)




と思った矢先にADさんの一言。




「はいッ、では3本目トークのリハいきま~す!!」




(えーーーーーーーーーーーーーーーー!!休憩しようよ~~!!亘さんだって疲れてるでしょ?そうでしょ?)




しかしそこはさすが売れっ子芸人の亘さん。まったく疲れた様子もなくテンション高くリハに突入。




(くっっっ、このままあと2本分を録るのか・・・・、耐えられるのか、いや無理だろ。でも俺がトイレに行きたいと言って亘さんをはじめスタッフ全員待たすのか?いやいやそれはダメだろ。じゃあやっぱりこのまま耐えるのか?耐えられるのか・・・・??)




と自問自答。




(いや、待てよ・・・・)




ここである名案が思い浮かぶ。




(亘さんがトイレに行きたくなればいいんだ!!!すでに収録開始から1時間半が経過している。亘さんも朝早かったはずだ、てことはコーヒー飲んでるはず。そしたらそろそろトイレに行きたくなるのが自然な流れだろ。natural flow だろ。)




今考えると、普通1時間半くらいじゃトイレに行きたくならないと思うんだけど、当時の僕はかなりの確率で亘さんが「すいません。ちょっとトイレ行きますね」と言うだろうと思ってました。


それ以降はリハと本番の区切りのたびに、亘さんの動向に注目。




(亘さん、トイレに行きたいっすよね!!そうっすよね!!)




しかし全くそんな気配もなく、収録はどんどん進みます。3本目本番が終わった時には、もはや敬語を使う余裕なし(心の中で、の話です)




(亘ーーーー!てめぇトイレ行けよ!!こっちは限界ちけぇーんだよ!!)




生まれてこの方「てめぇトイレ行けよ!」っていうキレ方をしたのは初めてでした(もちろん心の中で)。でもあっさり4本目のトークリハがスタート・・・。





・・・・・・・。






結論からいうと、4本目の演奏リハが始まった時点で、僕の勝利が確定しました。4本目のトーク本番中は死ぬほどつらくて若干内股でしたが、不思議なものでそれだけ極限な状態でも演奏が始まると、すっと楽になるんです。4本目演奏リハと本番を難なくこなして、最後に天使(スタッフさん)の一言。




「はい、OKです!!おつかれさまでした!!!」




さっさと楽器を片付け、楽屋近くのトイレにて無事問題解決。そう、この長くて辛い戦いも、一人の勇気ある若者の常人では持ち得ない圧倒的な忍耐力でついに勝利を収めたのです!!









みなさん、ほんとコーヒーの飲みすぎはヤバイっすよ。直前でトイレに行ってもすぐ行きたくなりますから。僕も二度と同じ轍を踏まないように気をつけます。くだらん話ですいませんでした。

「ピラメキーノ」、興味があったらみてみてください。オンエア日はまだはっきりしないので、分かり次第お伝えします!!




Piramekino




写真は、収録終わってオニギリを食べるピアノのアミーゴちゃん(左)と、戦いを終えた勇気ある戦士(右)。顔がスッキリしてるでしょ(笑)



| | コメント (7) | トラックバック (0)
|

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »