« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

2010年3月31日 (水)

4月スケジュール&ツアー

 

  1日(木) 高田馬場 イントロ
         ジャムセッション


 2日(金) 吉祥寺 ストリングス
         チカ・シンガー(vo)椎名豊(p)広瀬潤次(ds)


 3日(土) 阿佐ヶ谷 マンハッタン
         土井徳浩(cl)佐藤浩一(p)紺野智之(ds)


 4日(日) 国分寺 ティーズ   ※15時頃~21時
         ジャムセッション


 6日(火) 神保町 アディロンダックカフェ
         椎名豊(p)広瀬潤次(ds)


 7日(水) 埼玉・朝霞台 停車場
         大井澄東(ds)石田衛(p)


 8日(木) 浅草 舵輪
         大野めぐみ(vo)太田雄二(g)


 9日(金) 六本木 オールオブミークラブ
         チカ・シンガー(vo)椎名豊(p)広瀬潤次(ds)


10日(土) 国分寺 ティーズ   ※14:00スタート 17:00頃まで
         太田雄二(g)横山和明(ds)


13日(火) 六本木 アルフィー
         椎名豊(p)広瀬潤次(ds)


15日(木) 千葉・柏 ナーディス
         スペシャルジャムセッション


16日(金) 立川 AREAREA
         和山博子(vo)長谷川朗(as) 他


17日(土) 横浜・吉田町 
アート & ジャズ・フェスティバル  ※昼間のストリートライブです。詳細確認中。
         山田拓児(as)中西暁子(tp)片倉真由子(p)二本松義史(ds)


19日(月) 神奈川・本厚木 キャビン
         ジャムセッション


20日(火) 大塚 ドンファン
         土井徳浩(cl)佐藤浩一(p)紺野智之(ds)


22日(木) 浅草 舵輪
         大野めぐみ(vo)太田雄二(g)


23日(金) 大久保 ストーン
         高澤綾(tp)トリオ


25日(日) 栃木・足利 屋根裏   ※詳細下記
         椎名豊(p)スペシャルクインテット


27日(火) 神奈川・平塚 サンタナ   ※詳細下記
         椎名豊(p)スペシャルクインテット


28日(水) 代々木 ARTICA
         高澤綾(tp)レイモンド・マクモーリン(ts)菊池太光(p)柴田亮(ds)


29日(木)・30日(金)  神田 TOKYO TUC   ※詳細下記
         椎名豊(p)スペシャルクインテット with ゲスト






そしてツアーのお知らせです!!東京近郊、大阪でたくさんやります!!



4/25(月)~5/5(祝・水)

London Tokyo Connection
「Killer Shrimp meets Yutaka Shiina Trio 」


デーモン・ブラウン Damon Brown (tp)
エド・ジョーンズ Ed Jones (ts,ss)
椎名 豊(p)、本川悠平(b)、広瀬潤次(ds)



4/25(日) 栃木・足利 
屋根裏

4/27(火) 神奈川・平塚 
SANTANA

4/29(木) 東京・神田 Tokyo TUC
          ゲスト: 岡崎好朗(tp) 川嶋哲郎(ts)

4/30(金) 東京・神田 
Tokyo TUC
          ゲスト : 多田誠二(as) 片岡雄三(tb)

5/ 1(土) 埼玉・大宮
Five

5/ 2(日) 静岡・新富士 ケルン

5/ 3(月) 大阪・高槻 高槻Jazz Street

5/ 4(火) 大阪・高槻 
高槻Jazz Street (昼間)

        大阪・梅田 
Jazz on Top (夜)

5/ 5(水) 大阪・梅田 
Jazz on Top



お近くの方はぜひぜひお越しください!!!








先日、オフの日に横浜の生麦というところにあるキリンのビール工場見学に行ってきました!


僕の住んでる川越からだと電車で1時間半・・・遠過ぎ・・・。
一緒に行った鶴見に住んでるサックスの山田タクジさんは、家から2駅・・・・。


そのあまりの距離の差に若干イラッとしましたが、工場に着いてみたらテンションあがりまくり!超~でっかいタンクがたくさんあって、その中身はもちろん全部ビール!今タンクが破裂したらビールの洪水が襲ってきて、ビールにまみれて死んでいくんだな、そのときはせめて一番絞りの洪水がいいな、などというくだらん妄想をしてしまうくらい、でかい!!


工場見学ではビールができるまでの過程の興味深い話をたくさん聞きました!面白かったです!でもほとんど忘れました!


見学の最後に「試飲」というのがありまして、できたてのビールをジョッキで2杯、試飲できるんです。ただし20分という時間制限内。


まさかでっかいタンクの一番下に注ぐ蛇口がついていて、そこから飲めるのか!!と興奮しましたが、さすがにそれはなかったです。でも、できたての一番絞り、めっちゃうまかったっす!!20分で急いで飲んだので、イイ感じで酔っ払って、ガイドのお姉さんとも仲良く喋って(絡んで)楽しかったな~。


見学の後は、隣接されているレストランで浴びるようにビールを飲んで、ベッロベロになって帰りました。最高のオフ日でしたね・・・。



次は府中のサントリーのビール工場に行くぜ!!サントリーは試飲が飲み放題らしい!!やべーっす!!







写真は、ガイドのお姉さんが作ってくれたハーフ&ハーフの写真を撮る自分。





20100311t13_16_306dac9_3





そして、そのとき撮れたのがこれ!!






Biru




みてください!!この泡の盛り上がりップリ!!

「すげーっすね!すげーっすね!」とか言って、散々ガイドのお姉さんに絡んでました(笑)





ビール大好きです!車移動の日は飲めませんが、ツアーに行ったら飲みます!!大阪方面の方々、GWは一緒に飲みましょう!!!4月もよろしくお願いします!!




| | コメント (4)
|

2010年3月24日 (水)

ラジオの話。

先日、ミュージシャン仲間から1通のメールが届きました。そこには短いながらもショックな1行。


「秀島さん、今月でグルーヴライン終わりらしいよ。」


なぬーーーーーーーーー!ショック!ショック過ぎるぜ、ちくしょう。






ご存じない方に簡単に説明させていただきますと、「グルーヴライン」というのはエイティーワンポントスリーでお馴染みのFM81.3局 J-WAVE の看板番組のことです。月~金の16:30~20:00というジャズミュージシャンの出勤時間にあわせたような番組。まあいつも最後までは聴けないんすけどね。


この番組は、

超自分勝手に進行するピストン西沢さん(男)
セクシーヴォイスで冷静だがいじられキャラの秀島史香さん(女)

の2人のDJのカラミが超絶妙で、めちゃくちゃ面白いんです。とくに男性にとっては、秀島さんの超洗練されたセクシーヴォイスは、心のオアシスのような存在でした。僕も人に薦められて聞いてみたら1発で秀島さんの声の虜になり、以来、その知性あふれるセクシーな声とユーモアのセンスに何度となく癒されてきました。



しかし、その秀島さんが、今月でグルーヴラインを辞めるそうです。ファンにとっては、とってもとっても悲しいことですね。残念過ぎる・・・。


そうやって秀島さんへ想いを馳せているうちに、かつてグルーヴラインに初めてメールしたときのことを思い出しました。僕は運転中にラジオを聴いているため、受信のみのリスナーです。メールでネタを投稿したいという欲求は全くなく、純粋に聴くだけで楽しんでました。しかし、その日は、メールせずにはいられなかったんです・・・そう、運転中で警察に捕まるリスクを犯してでも・・・・。







その日はいつものように、ジャズクラブにむかいながら「グルーヴライン」を聴いていました。着々と番組は進行していき、2つ目のコーナー「ミュージックレスキュー」にさしかかりました。


この「ミュージックレスキュー」というコーナーはその名の通り、音楽救助。



「あなたの「あの曲知りた~い」「あの店でかかってた曲なんだろ?」 そんな、ど~しても『知りたい曲』をスタッフと 番組を聞いているリスナーの皆様が探し当てます!」(番組HPより抜粋)



というコーナーです。要するに、留守番電話に吹き込まれた鼻歌を、スタッフとリスナーで探し当てるというもの。


例えば、


「60年代の洋楽です。男性ボーカルでした。では歌います。ラーララララララ ララ~ラ~。この曲知ってる方は教えてください。」


という質問者からの留守電が流れます。それを聴いてまず、番組スタッフが知っている曲であれば即座に解決。そして番組スタッフが分からない場合は、リスナーに助けを求めます。



リスナーでその曲を知っている人がいたら、gl@j-wave.co.jp にメールをして「その曲はビートルズのブラックバードという曲だよ」と教えてあげます。



そして番組内で、答えがみつかった場合は、曲と曲名を紹介し、晴れて解決。質問者は曲名は分かってハッピーエンド。


という流れになります。









そして、その日のミュージックレスキュー。


男性の質問者からの留守電。



「多分古いクラシックの曲です。歌います。ララララララララララララ~~、ララララララララ~。よろしくおねがいします」



なんとその男性が歌ったのは、クラシックでもなんでもなく、紛れもなく、Hoagy Carmichael の「Stardust」のバース部分。まさか、ジャズ関係の曲が登場するとは思わなかったのでびっくり。


とはいうものの、ジャズスタンダードのバースとしては世界一有名といっても過言ではないこの部分、リスナーに聞く前にスタッフが知ってるでしょ、とタカをくくってました。


しかし、蓋を開けてみると、スタッフも2人のDJもこの曲を知らなかったんです!!「この曲を知っている方はメールをお願いします」とのこと。




そう、この状況。今まで何度も経験してきた「ジャズ界の常識と一般常識の落差(=ジャズ界で超有名な曲が世間一般では全く認知されていない事)」ってヤツだ。

ならば自分がジャズミュージシャンを代表して、ジャズの歴史と伝統と尊厳と誇りを世間の方々に伝えるべく、グルーヴラインにメールしようじゃないか、と意気込んで人生初のラジオに投稿メールをしました。書き方もよく分からないので、





「その曲はジャズのスタンダードで『Stardust』という曲のバース部分です。ナットキングコールやルイアームストロングのバージョンがとても有名です。     ラジオネーム:ぽんかわ」




という解説付きのパーフェクトなメールを送り、CM明けをドキドキわくわくしながら待ちました。




そしてCM明け。



秀島さん「さっきの曲、分かったようですよ。」



キターーーーーーーーーーーーー!!グッジョブ、俺。これで少しはジャズを世に広める活動に貢献してと言えるだろう。ジャズの尊厳は、1人の勇気あるジャズミュージシャンによって、いま確かに守られたのです!!



秀島さん「この曲です!!」



流れたのは、まさかのディジーガレスピーの演奏・・・・。



「ガレスピーかよ!!」と車内で1人ツッコミをする自分。




秀島さん「え~、この曲は有名なジャズスタンダードで『Stardust』という曲ですね。たくさんの方からメールいただきました。









・・・・・・・・。







まぁ、そうだよね・・・・・・


有名だもんね、この曲。


そりゃぁ皆さん知ってるよね・・・・・・・。



「ジャズの歴史と尊厳とナンチャラカンチャラ」なんて意気込み過ぎたよね、そうだよね、ソウダヨネ・・・・・・。



「キングコールとサッチモがナンチャラカンチャラ」とか、そんな解説いらないよね、そうだよね・・・・・ソウダヨネ・・・・・。



流れたのはディジーの演奏だしね・・・・、文句なく素晴らしい演奏だしね・・・・。そうだよね・・・・ソウダヨネ・・・・。



恥ずかしい・・・ハズカシ過ぎるぜ!ちくしょう!!







しか-し!!すぐにテンション復活。なぜなら、秀島さんのこの一言。



秀島さん「え~、この曲を教えてくれたのは・・・。」



キターーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!秀島さんの、あの知性溢れるセクシーヴォイスで『ぽんかわさん』と呼ばれる瞬間が!!


ついに!!!


ついに!!


ついに!


ついに。


ついに・・



秀島さん「○○さん○○さん○○さん、他たくさんの方から教えていただきました。ありがとうございました~。」



ツイニ・・・・


・・・・。


ついに・・・・・呼ばれませんでした。15人くらい紹介されたのに、その中に「ぽんかわさん」はいませんでした。
どうやら「ぽんかわさん」は「他たくさんの方々」の1人だったようです・・・・。


もう2度とラジオには投稿しない、と心に誓った日でした。








そして、秀島さんをグルーヴラインで聴けるのはあと6回。名前を読んでもらえなかった事、一生わすれません!!ほんとうに長い間おつかれさまでした!!



| | コメント (6)
|

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »