« 2009年3月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月

2009年5月10日 (日)

ニューヨーク滞在記

いまニューヨーク4日目です。もう明日には帰りマス。早い…寂しい…。でもここぞとばかりに楽しんでますよ。


1日目

JFKに着いたのが午前11時。それから入国審査だなんだかんだで、結局宿泊するユースホステルに着いたのが14時近く。ホステルは 6Ave 28St というロケーションでどこに行くにも便利。ナイスチョイスでした。

この日は Village Vanguard に Brad Meldau Trio を見に行く予定でしたが、なんと Sold Out とのこと。マジかよ~~。さすがメルドー。

しかし粘り強くネットサーフィンしていたら、Zinc Bar で Mark Whitfield がやってるじゃありませんか!!Drum は Billy Kilson! 早速出動!!

Zinc Bar は3年前に来たことがあるんですが、移転していて、かなり広くなってました。店の雰囲気はそのままで、しかもエレピまでそのまま。せっかく広くなったんだし、生ピアノ置いてよ~。3年前にきたときサーブしてくれた長身の美人ウェイトレスもそのままでした。ナイス!!
演奏はすべてスタンダード。急に決まったギグらしく、セッションのような内容でしたが、普通にめちゃめちゃ素晴らしい!最初の曲のカウントから Swing しまくりでした。逆に超ストレートアヘッドなジャズが聴けてかなり楽しかった。ベースはアジアンな感じの女の子で年もかなり若そうでしたが、すごくよかった。さすがNew York、層が厚いっす。ピアノはMarkの息子でなんと16歳とのこと。その若さでそのプレイはないぜ、メ~ン。

その後大好きなピアニストBilly Childsが遊びに来てShit Inしました!曲は「Tell me a bed time story」。最高。1曲だけかな~と思ってたら、セカンドセットはMarkの息子は姿をみせず、ほとんど Billy Childs が弾いてました!グレートなミュージシャンが普通に遊びに来るのがいいっすね。できれば生ピアノで聴きたかった~。


2日目

New York在住ドラマーの小野麻衣子さんのセッティングでNew School のリハーサル室でセッション。ピアノはNew School の学生でイスラエル人のニーツァン、アルトは卒業してNew York で活躍中のジョン。みんな素晴らしいミュージシャンで、ナイスガイ。ジョンの超難しいオリジナルにトライしたりして、とても楽しいセッションでした。しかしマジで難しかったなぁ。「5拍子、6拍子、7拍子、6拍子 だからトータルで24になるんだよ」って言われてもねぇ(笑)。

その後、ベースの Essiet Essiet をみにSmallsに行く。Smallsは、NEW YORK臭が漂いまくりのジャズクラブで、大好きです。前夜と一転、全てオリジナル。Essiet はメンバーの中でどうみても一番オッサンだが、コンテンポラリーな難しい曲をものともせず強力なグルーヴでした。すげ~な~。
しかし何回もみても変な名前。苗字と名前が一緒って…。俺に置き換えたら「On Bass, 本川 本川!!!」てことでしょ??ありえん…。

その後、深夜のCleopatra's Needleへ。名古屋で共演したギターの阿部さんがホストをやっているJam Session。なんかみたことある黒人ミュージシャンがいるな、と思ったら、Cassandra Wilsonのバンドのピアニスト Jonathan Batisteだ!!でけぇー、足ナゲェー。近くでギグがあったらしい。最初はピアニカで参加していて途中からピアノに。俺も1曲一緒にやりました。なんつーか不思議ワールド全開で、かなりおもしろかった。みるからに不思議な言動で「変なヤツだなぁ」と」思ってたら、阿部さんいわく「あいつは変なヤツぶってるだけだよ」とのこと。すげ~!なんで分かんの!!やっぱ10年アメリカにいると分かるもんなんすかね…。さすがっす。アットホームな楽しいセッションでした。



3日目

New York在住のサックス奏者五十里さんと合流してJazz StandardへBranford Marsalisを聴きに行く。New YorkにBranfordが来るのは珍しいらしく、お店は超満員。ドラムが Jeff Watts じゃないってのもレアな感じ(多分トラだけど)。
今日は贅沢しようと骨付き牛肉をほおばっていると、早速ライブスタート。大好きなSpartacusから始まりました。この曲、学生時代に練習した事があるんですが、とにかくサイズが難しい。と思い出してたら、なんとEric もJoeyもロスト。Branfordが何度も「ここが頭だ!!」っていう風に吹いてて、かなりおもしろかったです。バンドのサウンドは抜群によかった。おそらく全編オリジナル。
最後の曲で盛り上がりまくって、さあ帰ろうとしたときになんとサックスを持ったVictor Goinesが来店!!マジかよ!次のセットでシットインする感じじゃん。入れ替え制だからみれねえよ、ちくしょう。大好きなVictor聴きたかったッス。残念だったけど飲みすぎて頭痛もしてきたので、ホステルへ直帰。


4日目(今日の予定)

最後の夜は、Smalls→Kicker Bocker→Village Vangurdの予定。Vanguardはキャンセルがでたみたいで、最終セットをなんとか予約できました!!やった~。めちゃめちゃ楽しんできます!!


こんなにちゃんと日記っぽく書いたのは初めてです。疲れた…。続きは帰国して余裕があったら書きます。

では、みなさん、日本のライブでお会いしましょう~。

SEE YOU SOON!!



| | コメント (5)
|

2009年5月 8日 (金)

JAL最高!!

というわけで、6日からニューヨークに来ています。非日常的なことがあったときくらいは日記でも書こうかな、と思いまして。

そして今日のタイトルは

「JAL最高!!」


です。意味はそのまんまです。今まで何度か海外に行っており、いつも格安の中の格安を探す為、外国系の航空会社ばかりでしたが、今回は事情があり、少し高めのJALを購入。

国際線でJAL.……言葉だけでもなんともいい響きですね。

果たしてどんな素敵な旅路を提供してくれるのか、とワクワクしながらマスク人間だらけの成田空港へ。チェックインを済ませて色々時間を潰して、いざ搭乗。

まず


①座席が少し広い気がする(もちろんエコノミー)
②スッチーがほぼ日本人(外見の話ではなく、あくまでサービスの質の話です!!)


そんでもって席について、いざ出発。もちろん個々にミニスクリーンがついており、さて映画はなにをやっているのかな、とカタログをみると、


③映画の数がめちゃめちゃ多い!!(みたかった公開中の「グラントリノ」もある!!)


映画好きにはたまらんっす。僕は美味しいものは最後に食べるタイプなので「グラントリノ」は後回しにして、なぜか「20世紀少年 第1章」をチョイス。登場人物があまりにも漫画とそっくりで感心しながら鑑賞。実写版「ともだち」マジこえーぜ。

「ともだち」にびびりながら鑑賞していると、まずは飲み物の提供。すると


④アルコールもタダ!!(ビールは麒麟一番絞り、アサヒスーパードライ、サントリーモルツから選べるという充実ップリ!!)


ビール好きにはたまらんっす。当然麒麟一番絞りをチョイスしていきなり飲酒。やっぱうめーぜ、麒麟。やっぱこえーぜ「ともだち」。

映画も終盤、そろそろ地球最後の日が近づいてきた。マジやべーぜ。どうするケンジ。マジ半端ねえぜ「ともだち」…。

とドキドキしているち、機内食の時間に。


⑤機内食うまいっす!!(焼き鳥丼。とうぜん麒麟一番絞りとともに)


焼き鳥「丼」っすよ。「丼」ていうのがいいっすね。がっつりいただいて、映画も終了。第2章もそのままみようか、って時に眠気に襲われ就寝。

それから何度か起きてウトウトして、を繰り返してたら、なんとあと1時間で到着。今まで行きの飛行機でちゃんと寝れたこと無かったのでビックリ。アルコールのせいかな?とにかく「もう到着なの?」て感じ。

つーか「グラントリノ」みてねぇ!!!やべー、まじショック。「ともだち」にびびってる場合じゃなかった!!まあでもアメリカまでの13時間をこんなに短く感じたことも無かったっす。

さすがJAL!!



というわけでJFK空港に到着。たった4日間のニューヨーク生活の始まりです。こっちの人はインフルエンザなんて何も気にしてない様子。もちろん僕は気をつけますが、心配してたほどではなさそうですよ。


続きは次回!!










| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

2009年5月 1日 (金)

5月スケジュール

 1日(金) 横浜 491House
        八木 隆幸(p)

 2日(土) 宮前平 インディゴ
        井上祐一(p)田村陽介(ds)

 3日(日) 国分寺 ティーズ   ※15:00~21:00
        ジャムセッション

12日(火) 六本木 ミスティ
        大村亘(ds)Jremy Rose(as)佐藤浩一(p)

13日(水) 吉祥寺 ストリングス
        椎名豊(p)広瀬潤次(ds)

14日(木) 渋谷 KOKO
        井上祐一(p)正清泉(ds)

16日(土) 銀座 Swing
        大井貴史(vib)板垣光弘(p)海野俊輔(ds)

18日(月) 大塚 ドンファン
        若松孝(ts)野間瞳(vo)永井隆雄(p)福森康(ds)

20日(水) 吉祥寺 ストリングス
        森郁(vo)椎名豊(p)

21日(木) 飯田橋 ラグタイム
        八木隆幸(p)

22日(金) 六本木 サテンドール
        椎名豊(p)Steve Sax(as) MikeZacharnuk(tp) Raymond Mackmorin(ts) Mark Taylor(ds)

24日(日) 福島     ※詳細確認中
        二本松義文(ds)山田拓児(as)佐藤恭子(as)野本晴美(p)

25日(月) 沼袋 オルガンジャズ倶楽部
        坂本千恵(p)岩佐真帆呂(ts)三科武史(ds)

26日(火) 六本木 アルフィー
        椎名豊(p)広瀬潤次(ds)

27日(水) 御茶ノ水 ナル
        広瀬潤次(ds)太田朱美(fl)片倉真由子(p)

28日(木) 高田馬場 イントロ
        ジャムセッション

29日(金) 六本木 オールオブミークラブ
        チカ・シンガー(vo)川嶋哲郎(ts)椎名豊(p)広瀬潤次(ds)

31日(日) 国分寺 ティーズ    ※15:00~21:00
        ジャムセッション


6日~11日はとある用事で New York に行ってきます!たったの4泊6日だけど、思いっきり満喫してきま~す。


先日、ドアを開けた瞬間にドアとメガネが激突し、メガネが真っ二つに・・・。スペアのメガネもなかったため。その日は瞬間接着剤でなんとか乗り切り、次の日早速メガネ屋へ。
しかし、ここで気づいたんですが、メガネを一人で選ぶというのは、相当難しい事なんですね。なぜなら、

・店にあるサンプルメガネには度が入っていないので、鏡でみても何も見えない。
・鏡まで相当近づくと見えるが、顔がでかすぎてよく分からない。
・店員さんに聞いても「素敵です」「お似合いです」「それすっごい流行ってるんですよ~」しか言わない。

ためしに二重でメガネをかけてみましたが、単なるアホなおっさんが鏡に映っただけでした。しょうがないので、無難に今までのメガネと割と似たヤツを購入。
しかし、案の定誰も気づきません。メガネなんていつもしている自分にとっては相当重要なパーツですよ!!悲しいっす・・・。次会ったときはお世辞で(?)「メガネ変えましたね!」と声をかけてください!!

みなさん、メガネを買いに行くときは、

①センスがいい人
②ダメなものはダメとはっきり言える人
③自分に興味を持ってくれている異性

のすべてを併せ持った方と行くのが理想ですね。


というわけで今月もよろしくお願いします。New York から帰ってきたらメガネ以上に重要なパーツが変わっている予定なので、ぜひライブに遊びに来てください!!(整形するわけじゃないっす)







| | コメント (2)
|

« 2009年3月 | トップページ | 2009年6月 »